働く女性の心の健康

仕事に就いている女性の間でうつ病を患う機会は増える傾向にあり、企業社会の深刻な問題の一つとして見逃すことはできません。女性の社会進出、女性管理職の増加など日本の労働環境が著しく進化していることは喜ばしいことですが、負の側面としてうつ病が挙げられます。原因としては職場環境の変化について行けない、仕事の難度についていけない、同僚と仲良くできない、家庭との両立がうまくできないなどさまざまです。
本人や職場の人たちが異変を察知して早めに専門医の判断を仰ぐことが大切です。医師が休職の判断を下した場合は、会社のことは忘れ医師の指示に従ってゆっくり休むことが必要になります。
完全に回復しないまま職場復帰を急ぐと、かえって病状が悪化してまた職場を離れる羽目になります。職場の上司や同僚、家族など周囲の人たちの理解が大事です。本人は長期間に渡って休んでいると会社での居場所がなくなってしまうのではないか、仕事の変化についていけず遅れをとってしまっているのではないかという焦りがあると思います。職場では、怠けて休んでいるのかという誤解をなくして温かい目で見守ることが不可欠です。日本でもメンタルヘルスへの関心が高まり会社にカウンセラーを置いて悩み事の相談にあたったり、心の病の早期発見に力を入れているところもあります。仕事に就いている女性も仕事のスピード化や難解化、責任の増大などストレス材料が増えつつあります。精神の健康を保つことは、現代の企業社会を生き抜くには必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>